• MESSAGE
  • GALLERY
  • NEWS
  • ABOUT US
  • CONTACT
  • BLOG
Image: 松山智一

松山智一

  •  

アーティスト

  •  
  •  
  • プロフィール
  •  
  • 1976年飛騨高山生まれ、東京出身、現代NYブルックリンに在住。飛騨高山で生ま れ、幼少期をLAで過ごし、中学時代に帰国後、上智大学在学中から制作を始め る。
    01年再び渡米し、NYのPratt Institute美術大学院を首席で卒業。
    これまでに東京、大阪、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロスアンゼルス、ボストン、 マイアミ、ドバイ、香港、等のギャラリー、美術館、大学施設等にて個展・展覧会を多数開催、NYパブリックアート、アジアンアメリカンセンターでのレクチャー、コーポレートコミッションとしてNike北米、アジア両地域にてキャンペーン・アーティストとしてのコラボレーションなど、その活動は多岐に及ぶ。
    2007年に全米で初の画集をリリースされ、主な美術館MoMA, New Musuemなどにて取り扱われている。ユースカルチャー、ファインアートを包括し俯瞰的に捉えた現代美術の新しい系譜とされる一連のアーティストの一人である。
    http//:www.matzu.net
  •  
  •  
  • コメント
  •  
  • 外国をベースにアーティストとして活動していると、常に自分が日本人としてどんな提案をしてくれるのかが要求されます。
    黄色人種として、マイノリティーとして、何を伝えてくれるのかに重きを置かれます。
    NYで作家活動をスタートした事、また自分自身子供の頃からアメリカ、日本と移住が多かった事から表現したい内容も、異文化同士がひとつの場所で共存することから生まれるユニークでChaoticなハイブリッド化された自分たちが生きている今の文化形相を等身大で捉えるという事を目的としてこれまで多くの作品を制作してきました。
    そうした中、これまで海外の中での外国人としてではなく、今回のオリンピック招致を目的として、自国から自分たちが住んでいる世界はどんな場所かと発信できることは、非常に有意義なものです。
    カルチャーのエッセンスを輸入する事が主軸だった日本からより多く輸出できる機会をもてることはとても貴重なものだと思い、今回は参加しました。
  •  
  •  
HOME > MESSAGES > 松山智一